2009年05月15日

笑止


「反対、でも守って」 ピースボート、海自が護衛 ソマリア沖

5月14日7時57分配信 産経新聞
 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。

 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地の非政府組織(NGO)や学生らとの交流などを目的としている。

 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。

 ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。


これはひどい
ソマリアに海自を派遣する必要はないと言っておきながら
のうのうと護衛してもらうのですかそうですか
厚顔無恥とはまさにこのことだな
9条だの反戦だの声高に言ってはいるが自分が危険な状況になると知らん顔で恩恵を受けるのですねぇ
安全な場所から理想論を展開してる平和ボケのバカどもにしか見えないなこの手の連中は


ピースボートは他にも色々と悪い噂がたくさんありますしね!
さすが社民の辻元さんが設立しただけのことはある


at 23:58│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字